忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10]  [11
瑣末ごとで更新を繰り返していたら、告知記事が2ページ目に送られてしまったので、改めて再掲します。

鈍色雑貨
7-10-16
HILBERT-G7パーツセット ¥15,000 3個
インテリオルパーツセット ¥5,000 5個
SAUBEES-LEGS ¥7,000 3個
アガートラーム ¥1,000 10個
イスケンデルベイ ¥1,000 10個

再販希望がなければ、ヒルベルト、サウビーズは今回限りです。
それはそれとして、ラフカットは自作パーツの処理に移っていきます。

レーザーライフルはでかくて重いので、見えない部分を開口したり、削ったりして軽量化を計ります。でもこれ、気休めにもなっていないような気がします。
ともあれ、接着したり表面処理したりで塗り分け塗装をするわけですが……。

なんとなくこうなることは予感していたのですが、実際に直面するとどうしましょうという気分にもなります。ライフルは洗剤液浸け置きが一日短かったせいか、磨きが足りなかったせいか、離型剤が残っていたようで、マスキングに塗膜が持っていかれてしまいました。組立の際にはお気をつけください。
後は展示用のアガートラームも塗装し始めています。ベースは前回、暗緑色を下地にして、明るい緑を筆で塗り重ねていたのですが、重い感じになっていたので、今回は下地色を明るめにしました。本当はサフレスとかにすると透明感のある仕上がりになったのでしょうが、スケジュールの関係上、新しいことは避けざるえないところです。

WAの武器キットは、武器本体をデジタルでかっちり仕上げつつ、ベースではエポパテで好き放題遊ぶというコンセプトがあります。好き放題部分は採算度外視でやってます。
イスケンデルベイでは火山岩的な岩肌を表現してましたが、アガートラームは芝生や花束を一枚ずつスパチュラで形だしをしています。表現の仕方としてはもう少し正攻法があるような気もしないでもないのですが、それはそれです。ちなみに、武器をベース込みでワンパッケージとすることで、シーンを再現しつつ、武器それ自体をキャラクターとして成立させるというコンセプトもあったりします。もっともこの路線で出せるのは、あとはグラムザンバー(5th)位のもので、そこから先はキャラクター造形の世界に踏み込まなくてはならなくなります。ちょっと無理かな。
PR
写真で撮ると色が上手く出ないということはいつものことですが。

少し暗いですが、本体色の調色がようやくできました。赤味強めのメタリックブルーです。GXメタルダークブルー(クレオス)+ブラック(以下、ガイアノーツ)+Exシルバー+ウルトラブルー+ブライトレッド+パープルバイオレット。ガイアノーツの基本色はそのまま使っても結構良い色が揃っていて割と気に入っているのですが、それはそれとして、手元にあったからといって使うというのは余計な回り道をしているというもの。普通にコバルトブルーベースにしておけば手っ取り早かったような気がします。概ね狙った色が出来ましたが、試行錯誤の末のことなので、三体位はラフカットが塗れる位の塗料が出来上がってしまいました。足りないよりは増しとはいえ、良くある話ではあります。
あとは基本工作ですが、アンテナを0.3mm黄銅線に替えました。

しかし、前回の写真と比べると輝度の違いはあるとはいえ、びっくりする位同じ色をしてますね……。カメラの性能がどうのとか、照明の影響がどうのとか、色々と言うことはできるのですが、もしかしたら、調色の結果色が変ったと錯覚している私がいるだけなのかもしれません。いやまさかそんな。
AC4からザンニのラフカットを塗装し始めました。

なんか色違う気が。
クレオスのGXメタルダークブルーをベースにしたのですが、緑味が強くてイメージと違う感じが。エッジを諦めて重ね塗りするか、青には違いないのでこのままにするか……、変に調色しても変な色になることもあるので、悩みどころです。
武装も追加し、写真も撮って、これにて「nart-02OAC:F アケル」の作業はひとまず完了です。

非武装状態。肩甲骨のフレームを拡張しているので、普通のFAよりもシンプルなパーツ構成ながら、肩幅が広くマッシブな体型です。

基礎装備は専用のアサルトライフル二丁。薄く作ってはありますが、レジンムクなのでそれなりに重いです。


追加装備でエネルギーシールド×2とサムライソード2の短刀。前腕はアーキテクトを使用せず、独自構造になっており、シールドの展開や刀剣の両手持ちが見栄え良く決まるようになっています。手首に一軸を追加することで、手首の演技を意識したアクションが出来るようになっているというわけです。
ちなみに専用ライフルもブルパップ式でトリガー後方にマガジンがあることから、この前腕構造と手首の軸位置ずらしがなくては保持できないものになっています。カトラスの専用手首なら一応持てるかもしれませんが買ってないので未検証です。逆に言えば、カトラスの専用ライフルも無理なく持てるはず、ということでもあるわけですが。

おまけでサーベルも用意。こちらは専用の鞘ことプロペラントタンク角のリリース待ちという感じです。ちなみに腰の裏にブリッツガンナーの接続ジョイントも用意してあるのでこの先、更なるアップデートが待っているというわけです。
情けない話をしますが、愛用のアートナイフプロがちょっと前から見当たりません。そのうち出てくるのでしょうが、さすがにないと困るので、新しく購入してきました。

……前買ったときはもっと高かったような?
それはそれとして、私はアートナイフの刃をデザインナイフの刃を二枚重ねで使っています。

NTのBD-2000はオルファの特選黒刃相当の商品で、切れ味も通常よりも上ということになっていたと思います。もっとも、模型に使う上では、切れ味は普通のデザインナイフの刃でも十分なので、その辺りはあまり拘ってもしょうがないような気もします。むしろ、このBD-2000の売りはそのコストパフォーマンスにあります。大量に入っているので、五年やそこらでは使い切れる気がしない代物。スクラッチをするときはかなり頻繁に刃を使い捨てていきますが、それでもなかなか減りません。
ただ、そのままだとデザインナイフにしか使えず、アートナイフでのラフな切削にはあまり向きません。そこでアートナイフ的に使うために、刃を二枚分使うわけですが、普通のアートナイフだと収まりません。そこでオルファのアートナイフプロを使うわけです。

普通の刃とは90度回転させて固定します。普段使いでは、これでも刃がずれることもありません。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
01 2018/02 03
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]