忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8
放送終了から少し経っていますが、今更ながら1/100バルバトスに手を出しています。

鉄血のオルフェンズのガンダムはフレームが最大の特徴ではありますが、現行の立体物において、肩のフレーム構造を完全再現している商品は存在しません。写真で見る限りハイレゾモデルが良い線を行っているのですが、設定にない可動フレームを生やしているので完全再現とは言いきれないところ。というのも、ガンダムフレームの肩構造は、板状の鎖骨にあたるフレームと、棘下筋、大円筋、僧帽筋にあたる細いシリンダーの4点のみで肩甲骨にあたるブロックを接続しているという無茶苦茶な代物。一応、3mmボールジョイントは 2mmポリキャップを買い込んで再現できないものかと考えていたのですが、目処が立たないため、放置していたのでした。
せめて関節位置だけでも、とは思いつつ先延ばしにしていたのですが、差し当たりで買ってきたバエルで思いついた手法を試してみたところ、どうにかなりそうだったので、バルバトスにフィードバックした、という経緯です。

バエルは肩位置の変更と足首の上下詰めを行っています。足首は設定画と比べると上下幅がありすぎるので、ポリキャップの位置をずらしたりして、位置を下げてます。プロポーション工作はこれで済んでますが、ここから先は二期設定集が出てからになります。

でフレームの工作ですが、まずは腰から。よく腰のフレームを延長している作例を見かけますが、股間の装甲取り付け位置を下げるようにすると露出するフレームが伸びて見えますし、股関節の取り付け位置との整合性も良くなりますし、何より簡単に作業が済みます。
本題の肩ですが、胸との接続軸をアルミ線に置き換えて延長します。設定画とは胴体側の関節軸の位置が異なるのですが、胸〜肩周りの装甲を取り付ければ、そのあたりは気にならないはず。というか、拘るのを辞めます。

僧帽筋と棘下筋にあたるシリンダーは基本的にダミーです。反対側も装甲の隙間に収めて接続しない形で済ませます。そもそもシリンダーの伸縮はオミットすることにします。

肩ブロックの軸は角度を変更して延長する形にします。ちなみにキットのパーツをよくみると凹んだ部分がブロック間の隙間の表現と思われます。ルプスレクスになると、この肩ブロックの幅が増えて、肩関節位置が概ね設定通りになります。
胸との接続軸の位置は前述の通り設定とは異なりますが、バルバトスは各種メイスのような重量のある武器を持つことになるので、保持力を確保するためにもキットのボールジョイントを利用しておきたいところ。その意味でいえば、ルプスレクスの関節ブロックをベースにして済ませるのがクレバーだった気もします。
PR
少し調べてみると、集塵機はUSB電源の冷却ファンを使うのが一般的みたいですね。
というわけで、買ってきて、円柱形の保存容器に取り付けてみました。

吸気パイプはダクトテープを貼り合わせて作りました。上部のフィルターは、ファンから盛大に粉塵を巻き上げないための予防線です。内側に取り付けたほうが合理的ではありますが無精して外側に配置してます。

容器の中には水を張るのですが、蹴躓いてひっくり返したら切ないことになるので、足下を固めておきます。
集塵機底部とトレイにネオジム磁石をテープで貼り付けて、固定できるようにしました。取り外しもできるので、排水も楽にできます。

電源を入れると内部の水が渦を捲く程度に中の空気が循環します。
で、肝心要の吸引力ですが、吸気口の前でなら粉塵を吸ってくれる程度。期待より大分力不足なのですが、リューター作業はしやすくはなります。
追加投資でファンを増設三段組みとかできるのですが、それで割に合う出力が得られるのかどうか。構造的にロスが大きすぎる気がしてなりません。
塗装ブースには段ボールに小さめの換気扇を取り付けて十数年使ってきた私ですが、最近、どうにも換気がうまくいっていない気がしていたので、塗装ブースを作り直すことにしました。
といっても、塗装ブースの新調を考えたのはかれこれ十年ちかく前のことで、25cm換気扇だけ買っておいたのですが、無精が過ぎて放置していたのですね。その換気扇は扇風機代わりにしたり、夏場の冷房の循環に使ってみたりしていたのですが、事実上、無意味に部屋に転がしていたのと同じ状態ではありました。そういうのも何とかしたいという思惑もありつつ資材を揃えます。

基本的に箱と換気扇さえあれば、塗装ブースとしては十分なのですが、換気力を活かしてサイクロン集塵機みたいな使い方ができれば良いなと真空容器と適当なホースも買ってみました。結論からいうと集塵機は全然上手くいかなかったので、今回は塗装ブースとしてのみの話になります。
ポリプロピレンのボックスは事前に換気扇の採寸をしたうえで買ってきたのですが。

なんでか収まらない。単純に間が抜けて、寸法を間違えていただけなのですが、買い直すのもアレなので、少し工夫します。

換気扇をボックスの外側に取り付けることにしました。換気扇のカバーはネジ止めで固定します。
ボックスに空けた穴はヒートペンで切り抜きました。プラ素材を溶接できる便利ツールですが、分厚いポリプロピレンの板を溶断するには熱量不足、というか用途が違うので、随分時間がかかりました。

で、換気扇本体を取り付けて、背面は段ボールでゲタをはかせます。これで作業は概ね終わり。さらにボックスの蓋に大口径のダクトチューブを取り付ければ設置が便利になったり色々できそうですが、それは今後に検討します。

さらにフィルターも100均で見繕ってきます。不織布の排水溝フィルターとキッチン用折畳み台を組み合わせました。換気扇用フィルターよりも遥かにコストパフォーマンスが高くなります。脚もついてて、立たせることもできますし。左右が少し足りていませんが、このくらいなら大丈夫でしょう。多分。

吸引力もティッシュの破片くらいなら楽に吸い付けてくれます(分かりやすいように色付けしてあります)。塗装時はフィルターを置いて、換気時はどかして換気効率を上げる、という使い方もできます。塗装時にはこれを窓際において、ミストと臭気を吐き出そうという腹です。
換気扇や冷却ファンを使ったチューブ付き=ピンポイント集塵ツールのようなものがあれば、CNCを使う時に常時清掃が静音でできると思ったのですが、なかなか上手くいかないものです。imodelaからそろそろステップアップもしたいとは思っているのですが、上位機種には予算、設置スペースの問題に加えて、集塵・防臭の問題もあります。集塵設備があればそのあたりが多少解決できると見込んでいたのですが、もう少し考えてみる必要がありそうです。

ちなみに今回使った換気扇は普通の台所用ですが、スペック表によれば風量は11.5立方m(毎分)。現在の表記は時間単位なので、60倍すると、690。
製造元のサイトを確認したら、型番が当時と同じという驚きの事態でしたが、こちらのスペック表では風量820。計測方法が変ったのか、地味にスペックアップしているのか。どちらにせ、換気扇としては水準並ではありますが、塗装ブースや集塵ブースとしては十分以上の出力ではあります。
次回のワンフェスの申請を済ませました。ラインナップに新作なし。インテリオルパーツセット、FA外装パーツセット、イスケンデルベイ、アガートラーム、グラムザンバーの5点です。次は商品をちゃんと用意できるようにしたい。まあ、順当にいけば問題はないはずなのですが。

外装セットのインストに機体設定を乗せたい、と思っていて、そのための画像を用意してました。

線引くのが下手ですね。
完成写真から線画を出しているので、デッサンに崩れはないはずですが、胸張れる仕上がりでもなく。とはいえ門外漢としてはこんなもんで良いかな、と妥協してます。インストも例によってモノクロだと思うので、塗りもしなくて良いでしょう。
増補分はデータでもここで上げて前回購入者様のサポートとする予定ですが、会場でペーパー的に用意するかもしれません。その辺りは様子と予定次第ということになると思います。

まあ、当落がどうなるか、まだ分からないのですが。
FA外装セットのインスト掲載です。







鉄火場で作ったもので、見づらいものになったこと申し訳ありません。更新は考えているので、その時にはここにも上げる予定ではあります。
このキットに限ったことではありませんが、ご不明の点があれば、ご遠慮なく申し付け下さい。
<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]