忍者ブログ
[183]  [182]  [181]  [180]  [179]  [178]  [177
少し調べてみると、集塵機はUSB電源の冷却ファンを使うのが一般的みたいですね。
というわけで、買ってきて、円柱形の保存容器に取り付けてみました。

吸気パイプはダクトテープを貼り合わせて作りました。上部のフィルターは、ファンから盛大に粉塵を巻き上げないための予防線です。内側に取り付けたほうが合理的ではありますが無精して外側に配置してます。

容器の中には水を張るのですが、蹴躓いてひっくり返したら切ないことになるので、足下を固めておきます。
集塵機底部とトレイにネオジム磁石をテープで貼り付けて、固定できるようにしました。取り外しもできるので、排水も楽にできます。

電源を入れると内部の水が渦を捲く程度に中の空気が循環します。
で、肝心要の吸引力ですが、吸気口の前でなら粉塵を吸ってくれる程度。期待より大分力不足なのですが、リューター作業はしやすくはなります。
追加投資でファンを増設三段組みとかできるのですが、それで割に合う出力が得られるのかどうか。構造的にロスが大きすぎる気がしてなりません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]