忍者ブログ
[186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [180]  [179
前の更新から大分、間が空いていますが、その間に自作FAの追加パーツをこさえて、静岡ホビーショーで置かせてもらったりしていました。いずれ写真は上げます。ちなみにホビーショー当日、私は自宅で缶詰になっていました。不如意。

それはそれとしてレイファルクスを作りはじめています。
レイファルクスは戦後にレプリカが建造されたとはいえ、事実上一機しか存在しないようなのでそれを再現するべく、設定通りに仕上げることにします。それはそれとして、今回は塗装というか塗料にこだわってみようと思います。端的にいえば、偏光パールを使ってみようということです。

まずはアーセナルアームズのクリアパーツから仕上げていきます。
クリアパーツにガイアノーツの偏光パールパープルグリーンで塗装して、上からクリアーを吹いた状態です。光が当たった面にパール粒子が反射して、影になっている部分ではクリアパーツそのままの透明度が維持されます。

また、白い部分にも同様の塗料でコートする予定で、3パターン処理を試してみました。
左から黒下地に白でグラデーション、サフ下地に白でグラデーション、白ベタ塗りの上から偏光パールを吹いています。エッジに黒が残っていればパールの効果が強調できますが、グラデーションのコントロールが難しい。白ベタ塗りなら仕上がりは安定しますが、パールの効果は控えめになります。エッジをサフのグレーにすれば中庸になります。
そういうわけで3パターンの仕上がりを比べてみると、黒下地は明らかにうまくない。白は仕上がりが安定していますが大人しい感じ、グレーベースの方がパールの具合は良い具合です。ただ、クリアパーツが派手なので、バランスをとって地味な方に振ったほうが良いかも知れません。どうしたものか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[06/21 hermes birkin 25 handbags copy]
[06/07 hermes clic clac bracelet occasion imitation]
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]