忍者ブログ
[34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24

IMG_3131.JPG
スローネ全身。
とりあえず、足の工作は完了。上腕と肘関節がぼちぼちできてきたので、あとは握り拳を作りだけ……と思っていたら、前腕の形状の修正が思いのほか大がかりで、さすがに六本やるのでは面倒。複製するパーツがまた一つ増えました。プロポーションは基本的には変わりませんが、工作箇所が細くなったりしているので精密感は増したように思えます。
IMG_3132.JPG
足はつま先のボール受けをポリパーツを瞬着パテに押しつけてしっかり固定できるように。かかとの方はエポパテを詰めて、ディティールを彫ります。こちらもポリボールを受けて可動するように。とはいえ、あまり動きませんが。こちらのボール径は5ミリで、ACの手首関節をそのまま流用します。
IMG_3133.JPG
腕。肘関節は、上腕と幅が同じという割と変わったバランスなので、プラ板を貼って幅を整えます。前腕はコンパクトな印象で先細りな感じです。キットは箱っぽい感じなので、赤いラインに合わせて、形状を整えていきます。
握り拳はキットのものを芯にして加工してます。キットの武器持ち手を、手のひらの一枚板に加工して、そこから指の部分にプラ板を積層して、削りだしていきます。パテを使うよりも、エッジが出しやすく、芯との相性も良好、強度も強い、と色々メリットがあるので、最近はプラ板積層で手首を作っていますが、すぐに作業にかかれないというデメリットも結構あります。

IMG_3134.JPG
ミサイルはようやく箱組。後部ダクトは本体よりも一回り大きい形状なのでプラ板で覆います。片方はかさ上げした部分のピークを出すのに失敗したのでやり直し。接着面を平滑にする必要があります。
と、ここで一度、ネクサス版のフォックスアイを確認……って、腕が違うー!?
ネクサス・レヴォディスクで閲覧できる設定画を参考に落書きしてみましたが、これは、時間をかければできないこともないかもレベル。見なかったことにするか、ネクサス版なんてなかったことにするか、あるいは頑張ってみるか。悩みどころではあります。

IMG_3135.JPG
GNアームズを買ったので、付属のエクシアに手をつけてみます。
まずは前回失敗した足の小型化。つま先の肉抜きをパテ埋めしてから削り込み、赤いパーツの土踏まず周辺の上端を削り込み、足の甲を全体的に削り込み、かかとも小型化、という感じで作業しました。変に鋸を入れるよりもそれっぽい形状になります。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]