忍者ブログ
[38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28
IMG_3147.JPG
この写真で分かるかどうか、というところですが、手前側のスネのフィン。エポパテを固めるときの電灯の熱で曲がってしまったのでした。
そんなこんなで軽く凹みつつ、もう一度資料を洗い直しているうちに、いつの間にかこんな感じに
IMG_3149.JPG
ファフナーに手をつけたりもするわけです。
やったことといえば、削ったり盛ったりした、というところですが、ふくらはぎに一段ある凹みや可動ボルト周辺の盛り上がりを再現したりしてます。というか、以前の私はどうしてこのあたりの読み解きが出来ていなかったのでしょうか。無駄に長引くとこういう見直しができる、というのはあります。
しかし、それにしても、どこのどいつが可動軸をアルミ線で作ろうなどと考えたのでしょうか。これでは加工がうまくいきません。

ちなみにスローネもへこたれてばかりではなく、他の二機の作業も始めています。
IMG_3148.JPG
まずは一番の難所の、スネの形状をそろえるところから始めます。そのためにスネのノズルのモールドを削り取ります。それにしても、エポパテでスネの曲面の形を整えるのがあと八個。少ししんどいからもしれません。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]