忍者ブログ
[66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56
 P1000865.JPG
 なかなか上手くいかない00の息抜きに、とエクシア・トランザムカラーを組んでました。
 息抜きというくらいなので、成形色を活かして仕上げようと、金ヤスリから1500番まで磨いて、コンパウントでつやを出すという方向性で作業してました。メタリックの成形色の場合、表面を削ると深みのあるなんとも微妙なパール風の光沢が出るので、それを活かそうと思っていたわけです。
 間接色は塗り分けが多いので、この部分だけは塗装で。ガイアノーツのダークステンレスシルバーのテストという意味合いもありまして、なかなかいい感じの金属色が出るようです。ただ少し派手なのでニュートラルグレーなどで落ち着かせると使いやすいかも。
 そんな具合で、磨く作業に意外と手間を取られつつも、順調に進んでいたのですが、ところがぎっちょん。

P1000866.JPG
 欲張って股関節のボールジョイントの周辺を瞬着で固めようとしたら、間接まで流れ込んでしまいました。
 リカバリにあれこれ考えてみたのですが、間接周りのパーツが割れてしまい、どうしようもない状況に。塗装するならどうとでもなるのですが、成形色で仕上げるとなると、代わりのパーツを用意するほかありません。もう一個キットを買うのも何なので、数年ぶりのパーツ請求をする必要がありそうです。そういえば、キット付属のシールを貼るのも随分と久しぶり。オーロラシール風の印刷は塗装では無理なので、積極的に利用していきます。まあ、次の作業はパーツ請求して届くまでお預けで、息抜きがとんだ手間になってしまうのですが。

 ちなみに00はこんな具合。
P1000869.JPG
 脇の下のドラム状間接とおぼしきパーツを作り直しました。左が前に作ったものです。前は4ミリポリキャップを使いましたが、00の手持ちの武器はGNソードIIIで打ち止めのようで、それほど荷重は気にしなくても良さそうです。というわけで、3ミリT字ジョイントで済ませます。結果として、周囲を固めるのにプラパイプが使えるので剛性は増しているはずで、保持力も向上しているかも。さらに周囲をプラパイプを重ねることで太らせることができるので、パーツ自体の強度と精度が向上しています。
 問題は腕との接続をどうするか。そのあたりもおいおいなんとかなりそうです。
 ……最大の問題はここの可動がポージングにほとんど役に立たないばかりか、胴体内部のスペースの切迫するせいで、腰や首の接続に支障がきていることだったりします。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]