忍者ブログ
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
なんだかんだでひと月かかってしまった……。
とまれ、レイファルクスに羽がつきました。

本体は概ね終わりで、細かいパーツの塗装とリタッチで完成という段階です。分かりやすい格好良さを照れも衒いもなく盛り込んでいるのがレイファルクスの魅力かとも思います。羽もなんだかんだで見栄えが良い。
とは言うものの、次作ることがあれば羽は固定で済ませたいとも思います。完成後はあまり動かさないので、マスキングやら何やらの手間を割く意味があまりなさそうです。あるいはエッジの合わせ目を見なかったことにするとか。
PR
塗っても塗っても出来上がらないキットでしたが、どうにか終わりが見えてきました。
あいや、 仮組みとかしないせいで段どりが悪いせいなのですが。

本体は概ね出来てきました。白はスチールホワイト下地のGXクリスタルカラー・サファイアブルーです。スチールホワイトはNAZCAブランドの少しお高い塗料なのですが、事実上寒色系ニュートラルグレー1.5といったところ。良い色ではあるのですが、今一つ使いどころに困って死蔵していたものを今回使ってみました。
クレオスのGXクリスタルカラーはパール粒子が細かくて仕上がりも良好なのですが、パールブルーの性質上、白下地の場合、採光によっては色味が黄色に振られます。想定外ではありましたが、落ち着いた感じになるので、これはこれで良い具合です。

足首のパネル。裏面の処理をいい加減にしていたら、思ったより目立ったのでマスキングをしてやり直しです。仮組みしないから……。
もっとも、仮組みするとそこで満足して完成しないということは往々にしてあります。それはそれで良いんですけどね。

フレームとクリアパーツ追加分の塗装をしました。
クリアパーツが覆う部分はGXアイスシルバーを、フレームが露出する部分はニュートラルグレーIIIを使用しました。

更に金の部分の塗装も始めます。
こちらもガイアノーツの偏光パール、プリズムマゼンダゴールドを使います。ただ、この塗料、普通に使うと、ローズピンクが角度と陰影次第で金色に見える、という代物なので金色を表現するには向かないところがあります。なのでパールゴールドを上から吹いて、角度によって色味が変わる金にしてみました。思ったよりパールゴールドの隠蔽力が強くて、偏光パールが利き難いところもありますが。
前の更新から大分、間が空いていますが、その間に自作FAの追加パーツをこさえて、静岡ホビーショーで置かせてもらったりしていました。いずれ写真は上げます。ちなみにホビーショー当日、私は自宅で缶詰になっていました。不如意。

それはそれとしてレイファルクスを作りはじめています。
レイファルクスは戦後にレプリカが建造されたとはいえ、事実上一機しか存在しないようなのでそれを再現するべく、設定通りに仕上げることにします。それはそれとして、今回は塗装というか塗料にこだわってみようと思います。端的にいえば、偏光パールを使ってみようということです。

まずはアーセナルアームズのクリアパーツから仕上げていきます。
クリアパーツにガイアノーツの偏光パールパープルグリーンで塗装して、上からクリアーを吹いた状態です。光が当たった面にパール粒子が反射して、影になっている部分ではクリアパーツそのままの透明度が維持されます。

また、白い部分にも同様の塗料でコートする予定で、3パターン処理を試してみました。
左から黒下地に白でグラデーション、サフ下地に白でグラデーション、白ベタ塗りの上から偏光パールを吹いています。エッジに黒が残っていればパールの効果が強調できますが、グラデーションのコントロールが難しい。白ベタ塗りなら仕上がりは安定しますが、パールの効果は控えめになります。エッジをサフのグレーにすれば中庸になります。
そういうわけで3パターンの仕上がりを比べてみると、黒下地は明らかにうまくない。白は仕上がりが安定していますが大人しい感じ、グレーベースの方がパールの具合は良い具合です。ただ、クリアパーツが派手なので、バランスをとって地味な方に振ったほうが良いかも知れません。どうしたものか。
放送終了から少し経っていますが、今更ながら1/100バルバトスに手を出しています。

鉄血のオルフェンズのガンダムはフレームが最大の特徴ではありますが、現行の立体物において、肩のフレーム構造を完全再現している商品は存在しません。写真で見る限りハイレゾモデルが良い線を行っているのですが、設定にない可動フレームを生やしているので完全再現とは言いきれないところ。というのも、ガンダムフレームの肩構造は、板状の鎖骨にあたるフレームと、棘下筋、大円筋、僧帽筋にあたる細いシリンダーの4点のみで肩甲骨にあたるブロックを接続しているという無茶苦茶な代物。一応、3mmボールジョイントは 2mmポリキャップを買い込んで再現できないものかと考えていたのですが、目処が立たないため、放置していたのでした。
せめて関節位置だけでも、とは思いつつ先延ばしにしていたのですが、差し当たりで買ってきたバエルで思いついた手法を試してみたところ、どうにかなりそうだったので、バルバトスにフィードバックした、という経緯です。

バエルは肩位置の変更と足首の上下詰めを行っています。足首は設定画と比べると上下幅がありすぎるので、ポリキャップの位置をずらしたりして、位置を下げてます。プロポーション工作はこれで済んでますが、ここから先は二期設定集が出てからになります。

でフレームの工作ですが、まずは腰から。よく腰のフレームを延長している作例を見かけますが、股間の装甲取り付け位置を下げるようにすると露出するフレームが伸びて見えますし、股関節の取り付け位置との整合性も良くなりますし、何より簡単に作業が済みます。
本題の肩ですが、胸との接続軸をアルミ線に置き換えて延長します。設定画とは胴体側の関節軸の位置が異なるのですが、胸〜肩周りの装甲を取り付ければ、そのあたりは気にならないはず。というか、拘るのを辞めます。

僧帽筋と棘下筋にあたるシリンダーは基本的にダミーです。反対側も装甲の隙間に収めて接続しない形で済ませます。そもそもシリンダーの伸縮はオミットすることにします。

肩ブロックの軸は角度を変更して延長する形にします。ちなみにキットのパーツをよくみると凹んだ部分がブロック間の隙間の表現と思われます。ルプスレクスになると、この肩ブロックの幅が増えて、肩関節位置が概ね設定通りになります。
胸との接続軸の位置は前述の通り設定とは異なりますが、バルバトスは各種メイスのような重量のある武器を持つことになるので、保持力を確保するためにもキットのボールジョイントを利用しておきたいところ。その意味でいえば、ルプスレクスの関節ブロックをベースにして済ませるのがクレバーだった気もします。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/04 ちいた]
[02/13 ちいたわからし]
[05/11 チョビ]
[05/10 つくも]
[05/10 チョビ]
最新トラックバック
(10/04)
(09/27)
プロフィール
HN:
つくも
HP:
性別:
非公開
このブログについて:
 このブログは模型サイト「鈍色雑貨」の更新記録用です。表示などはサイト上の閲覧に最適化しておりますので、ブログの閲覧は上記リンクのサイトからご覧になることを推奨いたします。
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]